4C

ダイヤモンドの価格は“4C”という基準によって決められます

婚約指輪で最も良く使用される「ラウンドブリリアントカット」は、4Cによる品質評価基準が定められているカットです。4Cの”C”とは、Carat(カラット重量)・Cat(カット)・Color(カラー)・Clarity(クラリティ)の各頭文字を指しています。 ラウンドブリリアントカットは58のカット面で構成され、ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出すカットとされています。

Carat重量

カラットは、ダイヤモンドをはじめとした多くの宝石の重さの単位です。1カラットは0.2gです。

Color

カラーは一般的に、無色透明に近いほど希少価値が高くなります。無色透明のカラーを最高のDとし、黄色みを帯びるに従ってZまでの全23段階に分けられます。いい夫婦ブライダルでは、ほぼ無色とされるG upのダイヤモンドを扱っています。

Clarity透明度

ダイヤモンドの中の、光の通過を邪魔する内包物やキズの程度を表します。専門家が適正な光源のもとで10倍拡大下で調べ、相対的に内包物やキズがどの程度少ないかを評価します。いい夫婦ブライダルではSI upのダイヤモンドを扱っています。

Cut研磨

カットとはダイヤモンドの輝きや煌めきを決定づける一番大切な要素です。カットは、プロポーション(理想の形)とポリッシュ(表面の研磨仕上げ状態)、シンメトリー(対称性)の3つの要素を総合的に評価され、最高の「Excellent」から5段階でグレードの順位が決定します。

いい夫婦ブライダルはカットグレードがエクセレント(Excellent)の中でも、仕上げの要素評価と、ハート&キューピッドのパターン認定の有無の4段階に細分化して評価しています。

3EX(トリプルエクセレント)について

プロポーション(理想の形)・ポリッシュ(研磨後の表面の状態)・シンメトリー(対称性)の3項目全てに、「エクセレント」の評価を得ているダイヤモンドが「3EX(トリプルエクセレント)」になります。

Heart&Cupid(ハート&キューピッド) について

「ハート&キューピッド」とは、優れた対称性を持つダイヤモンドにのみ出現する現象です。最適なプロポーションと優れたシンメトリー(対称性)が揃うことで生み出され、専用のスコープで見るとダイヤモンドの表面と裏面に「8本の矢と、8つのハートの模様」を確認することができます。